設備のご紹介

img

設備のご紹介

設備一覧

  • 画像


  • 画像


  • 画像


  • 画像


  • 画像


  • 画像


  • 画像


  • 画像


仕上げの種類

画像

ヘアライン仕上げ
ヘアライン加工とは、つや消し、光沢無しの製品の仕上げにブラッシング方式によって表面を処理をする加工法です。アルミやステンレスの金属製品、一部の特殊塗装の表面に使われています。

髪の毛ほどの細かい傷を一方向につけた加工という事から「ヘアライン加工」と言われています。 素のアルミの色に一番近いと思います。

画像

サンドブラスト加工
梨の表面のざらざらした質感、状態から梨地(なしじ)、梨地処理、梨地仕上げ等といいます。光沢を出す磨きに対して、表面をザラザラとした状態に仕上げます。

サンドブラスト加工は、特殊機械を使い粒子の細かい砂などの研磨材を吹き付ける加工法のことです。

画像

鏡面仕上げ
一般的には「鏡面仕上げ=バフ仕上げ(ポリッシュ仕上げ)」 と考えていただいて差し支えありません。

最初は粗い砂バフからはじめて、最後に仕上げ用の細かい布バフで磨いてツルツルの表面にします。バフだけで鏡の様にピカピカになるまで磨きます。

画像

ウエット仕上げ
鏡面仕上げよりも少しツヤを抑えた仕上がりです。 純正品のような品格があります。

画像

砂バフ仕上げ
上に塗装を施す場合などに、塗料が乗りやすいように仕上げたものです。

お電話でのお問い合わせはこちらから

tel 0565-57-0780

FAX:0565-57-0757

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop

copyright(C)浅利研磨 ALL Rights Reserved.